夜ヤリイカ 釣り方、タックル(玄界灘)

今年はヤリイカ(ケンサキイカ)の調子がいいようです。

釣りの概要

北部九州の玄界灘での夜イカは浮きスッテでの釣りが通常の主流です。
パラシュートアンカー(シーアンカー)を使用した流し釣りが多いです。

仕掛け

潮の流れによりおもり40号~100号を使用します。(水深は35m~70mぐらい)
道糸はPE1号~2号です。あまり細すぎるとトラブルの際の処理が大変ですしあまり太いと潮に流されて釣りになりません。
浮きスッテの本数は3~5本が一番効率がいいようです。

釣り方

釣り方は電動リールの超スローただ巻きで初めは大丈夫です。
慣れてきたらしゃくりを入れた釣り方も効果がある場合もあります。

竿、ロッド

おすすめのロッド:オレンジドルフィン 赤イカ・マイカ2(谷山商事製)
グラス100%ロッドで竿箱のとおり「バレない・ハジカない」です。
竿の調子が抜群で電動スローただ巻きの釣り方にぴったりです。
お値段も数千円ととでもリースナブルです。

竿の長さは1.5mのものが手返しもよく扱いやすいように思います。

リール

小型電動リールを使用します。
現時点では、シマノ フォースマスター400にPE1号を巻いて使用しています。

最後に

昼間は灼熱との戦いになることも多いこの時期ですが夜だきイカはとでも涼しく快適です。
ヤリイカ(ケンサキイカ)は食味もよくお持ち帰り後も喜ばれます。
出かけてみてはいかがでしょうか!