タイラバ タックル(2016年3月28日)

2016年3月28日時点での鯛ラバメインタックルです。
主に玄界灘北西部(玄界島沖、小呂島近辺、壱岐近辺)で使用する際の標準タックルです。

ロッド、リール

ロッド、リールについては水深や気分により組み合わせを変えています。
勝本沖など深場になると小型電動リールを使用しています。

ロッド リール
炎月BB B69M-S(シマノ) オシアカルカッタ 300HG(シマノ)
リーディング 73 MH-200(ダイワ) フォースマスター400(シマノ)

道糸、リーダー

深場の場合もあるのでPEは200m巻き、リーダは3ヒロ(約5m)とっています。

  • PE:HARDCORE X8 1.0号(DUEL)など
  • リーダー:船ハリス5号など

フック

  • フック:JIGGER LIGHTマダイ(向こう合わせ)11号 (オーナーばり)
  • アシストリーダー:シーハンター8号(YGKよつあみ)

おもり

15号~30号(60g~120g程度)を各号数のものを用意します。
水深40m程度では15号(60g)、水深60m程度では20号(80g)、深場ではそれ以上、潮に合わせて調整します。

  • 鯛玉おもり 塗装自作(関門工業)
  • 潮斬鯛玉(ハヤブサ)など

ラバー

  • セブンスライド替えラバー
  • フリースライドラバー(ハヤブサ)など