’15 フォースマスター800(その2)

<前記事>
’15 フォースマスター800(その1)

シマノ ’15 フォースマスター800でタイラバ使用での実釣してきました。

始めにクイックラッチとモーター&クラッチ連動機能がフォースマスター400と比べて断然に操作性が良いです。
タイラバで使用の場合には、スマートダイヤルの15~17くらいが良いようです。

スマートダイヤルを触らずにクラッチのON/OFFのみで低速巻きができることに感動しました。

次にMUTEKI MOTOR+ に余裕が感じられます。
当日は80cm超えのマダイがヒットしましたが余裕のあるモーター音で「壊れるかも」と不安になるることはありませんでした。
巻き上げ回収もフォースマスター400と比べ断然に早いです。

弱点はやはり重さです。
当日はリーディング73 MHのロッドとの組み合わせでしたが、若干持ち重りがします。
ただ一日手持ちでも対応できる重さではあります。

最後にフォースマスター400とフォースマスター800のタイラバでの使い分けですが以下のように使っていこうと思います。

  • 水深40m~50m程度でヘッドの錘が60g程度のシーンはフォースマスター400
  • 水深60m以上でヘッドの錘が80g程度のシーンはフォースマスター800
  • 純粋にタイラバを楽しみたい時は手巻きオシア300HG

タイラバにおいて、どのシーンでも上記のどのリールでも十分に戦えます。