’15 フォースマスター800(その1)

通常使用していたフォースマスター400が故障し修理に時間がかかるとのことでした。
ゴールデンウィーク中の釣行に支障をきたすため’15 フォースマスター800を新調しました。

タイラバで使用する前提ですが以下の点がいいかなと購入に至りました。

  • MUTEKI MOTOR:耐久性がありそう
  • クイックラッチ:スプールのそばにクラッチONがありフォースマスター400より扱いやすそう
  • モーター&クラッチ連動機能:フォースマスター400はクラッチ切ってもモーター回りっぱなしになるのでダイヤルを戻す必要があった

スペック上の難点はフォースマスター400 より重いという点になります。
実釣レビューを後日アップいたします。

コメント

  1. 浜屋孝之 より:

    お世話になります。
    FM400に対しての質問なんですが現在400を3台300を1台
    所有していますが故障原因に興味がありメールしました。
    自分のリールも4台とも何度も修理に出して無償でしたが全部不明とのシマノの回答で
    原因がわかりません。共通原因としては、青物の6キロくらいのを強引に巻き上げた後
    しばらくしてモーターが回らなくなりました。真鯛の8キロクラスの場合は何匹も釣っても壊れませんでしたが、ドラグとモーターのマッチングがうまく行ってないような気がしますが、シマノの回答に興味がありますので内容をお知らせいただければありがたいです。宜しくお願いいたします。

    • captain より:

      コメントありがとうございます。

      先日、釣具屋より修理に2万ちょっとかかるが修理しますかと連絡がありました。
      修理をお願いしたところですので原因、対処はいまのところなんともわかりません。
      モーター交換、内部に錆が出ていたとのことでした。

      私の場合は、ドラグを締め込んで半日ぐらい速度一定モード(Sモード)で巻き上げた後にしばらくしてモータが回らなくなりました。(当日タイの最大は70cm程度です)
      いつもは楽々モードなのですが速度一定モードでのタイラバを実験しておりまして。

      修理が完了しましたらサービスレポートが上がってくると思いますのでまた記事にアップいたします。